理念・保育方針 園の紹介 年間行事 主な保育活動 地域交流 お知らせ 活動報告 活動報告



リズムを持って日常生活を過ごすことは、子どもにとって非常に安定したものになります。
しかし、日常保育だけの繰り返しとは別に、非日常体験である行事は、子どもにとって、緊張感とともに達成感を味わうものです。
四季折々の行事、月ごとの行事、新学期から終業までの行事、保護者参加の行事、地域参加の行事など、さまざまな行事を行うことが、子どもの新しい力を引き出すきっかけとなるのです。
非日常を体験する「園行事」は子どもにとってかけがえのない経験となり、新しい何かを育む機会でもあります。







地域遺跡巡り(臼塚古墳・臼杵石仏)
新しい友達を迎え、年間の活動について話し合い、進んで楽しい友達関係を作ります。積極的に館外活動の場を広げて、地域遺産に関心を持たせ、マナーや決まりを守る大切さを知ります。
   
保育園との交流・親子ふれあい会(異年齢との交流)
参加者とともに自己紹介ゲームをしたり、戸外で身体を動かし、色々な遊びをして楽しみます。自由に遊ぶ中にも決まりを守る大切さを培います。小さい友達と一緒なので大きいという自覚を持ち、接する態度を身に付けます。「ありがとう」「ごめんなさい」「どうしたの?」を考えます。
   
おたまじゃくし・どじょうとり大会
地域の自然を見直し、豊かな環境を大切にする心を育てます。周りの田んぼや畑の様子に目を向けながら積極的に館外活動を楽しみます。また、生き物の習性を知り、飼う場合できるだけ自然に近い条件を工夫し、生命の尊さを知ります。
   
 
 
   
夏休み工作教室・納涼広場・保育園との交流(バス旅行)
色々な材料を用意し、創意工夫して作ります。その子なりの工夫を認め、最後まで丁寧に仕上げます。盆踊りや縁日と言った夏ならではの行事を地域住民と一緒に参加し交流を深めます。ジュニアボランティア育成と活動の場とします。
   
地域老人会との交流(敬老会)
敬老の日を知り、すみれ老人クラブや土ん子クラブで色々なことを教えてくれるおじいちゃん、おばあちゃんを通して、お年寄りへの労りや思いやりの心を育みます。日々のお年寄りとの交流の中で接し方を身に付けます。
   
ハイキング
季節の変化に気付き、地域の自然環境に対する関心を深め、夏から秋への田んぼや畑の様子に目を向け、土ん子クラブを見直します。活動を通して交通ルールやマナーを身に付けます。地域住民への挨拶を心掛けます。
   
地域交流(だんご汁大会)
地域住民の参加で団子汁大会をし、自分たちで植えた大豆で食文化に興味をもちます。
   
保育園との交流(発表会・もちつき大会)・
年末交通安全運動

併設型施設としての利点を生かし、年末の行事を一緒に行います。小さい友達との交流で自覚をもち行動する心を育み、皆で力を合わせることの大切さを知り、大勢の前で発表します。もちつきやペンダント作りをして交通安全の意識を高め、交通ルールの大切さを再確認します。
   
竹工芸教室・たこあげ大会
すみれ老人クラブとの交流をしながら、子どもの頃の話や遊びを聞き、独楽や竹馬といった伝承遊びを楽しみます。自分たちで工夫しながらたこを作り、たこあげ大会を楽しみます。
   
草スキー・なわとび大会
段ボールを利用して友達と一緒に滑ったり、競争したりして戸外で積極的に遊びます。一人跳びや長縄跳びなど励ましながら色々な跳び方を大きい友達に習い覚えます。
   
春を探しに
近くの公園や田んぼ、野原などの地域の自然に目を向け、身近な植物の生育を知ります。一年間の児童館活動を反省し、お世話になった人への感謝の気持ちと自らの成長を喜び、次期活動を期待します。

 
そ の 他 の 行 事
 

■臼杵市社会福祉協議会での学習塾参加(関係機関への連絡・協力)
関係機関と連携をとり臼杵の歴史について話を聞いたり、昔の遊びを教えてもらったり、作ったりして伝承と継承をしながら、お年寄りとの交流を図っています。
■地元小学校運動会参加(関係機関への連絡・協力)
児童館だよりの配布や行事の呼びかけや地元校区の運動会に職員も参加したり、小学校の体育館を借りて人形劇の観賞や稲葉太鼓の練習、新入時の学校訪問、授業参観への出席、入学式、卒業式の参加等運動会だけでなく常に地元小学校との連携をとっています。
■ちびっこワーク(地域行事との連携)
友達関係や遊び、学習等子ども達の身近な問題を取り上げたり、新聞やテレビ等で事件、事故が報道された時に、意見を出したり聞いたりしながらみんなで話し合っています。
■すみれアジサイロード(その他事業)
各家庭をまわりアジサイの枝を分けてもらい挿し木をして育てたアジサイが子どもの成長と共に年々根を張り、枝を伸ばしてみごとなアジサイロードとなります。
子ども達の心のふるさととして忘れられない活動でした。
また、廃品ペットボトルを再利用して、風車を矢車のかわりにし、4月・5月には500匹以上の「こいのぼり」が元気に泳ぎます。
第2土曜日 ■楽しくパン作り(地域行との連携)
お店ですぐに手に入るパンを自分たちの手で、作ります。
小麦粉、塩、イースト等を計り、こねて、たたいて、
オーブンから出てくるパンはふっくらいいかおり……
ハーイ、「すみれパン」のできあがり!
第3土曜日 ■作ってみようおばあちゃんの味(地域行事との連携)
普段食べている野菜がどのように育つのか、その過程を
お年寄りとの活動を通じ、土ん子クラブで作った野菜を収穫し、
昔ながらのおやつやみその作り方を習得しています。
第3土曜日 ■空き缶パトロール(ボランティア事業)
地域の自然を見直す機会であり、自分達の住んでいる地域を
愛する心を育て、ゴミのない地域にするために空き缶やゴミを
拾いながら自分達も環境問題を考えるきっかけとなっています。
第4土曜日 ■熊崎駅清掃(ボランティア事業)
みんなが利用する駅の清掃は地域社会に目を向け
社会とかかわりを持ちながら、自分達にできる事として
積極的に活動しています。
第4土曜日 ■みんなで作ろうクッキング(地域行事との連携)
土ん子クラブで育てた野菜を使っておやつ料理を作ったり、
買ったものとは違う温かさや作る楽しみを感じながら
友だち意識や仲間意識を深めています。
ページの先頭へ
copyright (c) 2010 Kumasaki social welfare corporation. All rights reserved.このホームページに掲載の画像・文章の無断使用はご遠慮ください。