トップページへ
 
理念と方針
法人概要
職員の育成方針
リクルート
個人情報の保護
苦情解決体制
安全管理
Q&A
保育理念
入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進する。


保育方針
本園の保育方針は、児童福祉法や保育方針の趣旨を踏まえ、乳幼児が人間形成の基礎を培う重要な時期であるという認識に立ち、乳幼児一人一人の特性に応じ、環境を通して行うものであることを基本とする。
○乳幼児期にふさわしい生活の展開を重視
○保育士の役割の自覚と資質の向上
○家庭との連携
○幼稚園、保育所、児童館、小学校、地域との連携



保育目標
(1) 十分に養護の行き届いた環境のもとに、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図る。
(2) 健康、安全など生活に必要な基本的習慣や態度を養い、こころとからだの健康づくりの基礎を培う。
(3) 異年齢などの関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、思いやりや人を大切にするとともに、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う。
(4) 自然や社会の事象についての興味や関心を育て、それに対する豊かな心情や思考力の基礎を培う。
(5) 生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで放したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を養う。
(6) 様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う。


子どもの保育目標
0歳
・個々の生活リズムを整え、基本的な生活習慣を養う。
1歳
・安心できる保育者との関係の下で自分でしようとする気持ちが芽生える。
・未知の世界に興味を持ち活発になる。
2歳
・安心できる保育者との関係の下で自分でしようとする気持ちが芽生える。
・未知の世界に興味を持ち活発になる。
3歳
・保育者や友だちと遊ぶ中で自分のしたい事、言いたいことを言葉や行動で表現する。
・象徴機能や観察力を発揮する。
4歳
・保育者や友達と一緒に遊びながら、つながりを広げ集団としての行動ができるようになる。
・感情が豊かになり、我慢が出来るようになる。
5歳
・自分なりに考えて判断したり、批判する力が生まれる。
・社会生活に必要な基本的なちからが身につく。
6歳
・生活や遊びの中で、一つの目標に向かい力を合わせて活動し達成感や充実感をみんなであじわう。
・小学校において、対応できるよう、体力をつくりあげる。

ページの先頭へ   

copyright (c) 2010 Kumasaki social welfare corporation. All rights reserved.このホームページに掲載の画像・文章の無断使用はご遠慮ください。